シリンゴルの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介~!

1度だけ試したけれど、うぐいすの粉愛用者の私にはパウダーが粗すぎて、肌がヒリヒリしちゃいました。乾いた手でひとつまみを洗面器に入れた後、ぬるま湯で溶かし、髪全体をすすぐやり方です。いろんなことに使えて便利。

イマが買い時!

2017年01月27日 ランキング上位商品↑

シリンゴル【あす楽】シリンゴル重曹 2Kg

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

何種類か購入した中でこの重曹は細かいです。食べられる安心素材!環境にも優しくて洗剤にもなっちゃうなんてすばらしいです!柔軟剤が使えなくなったので洗濯物はゴワゴワしてましたがこれを使えばサラサラしてます!料理に使える重曹ということでいろいろな用途に愛用しています。マザータッチと一緒に使って洗濯や拭き掃除、食器やシンクにも使用。また、濡れた手で直に重曹に触れると、触れた部分の皮膚が瞬時にヌルヌルするのも気になります。食品レベルの重曹は安心して使えます。お皿やスプーンも!磨いたわけでもないのに!ピカピカ光っています〜♪♪♪はじめは!ちょっと使いにくいかなあと思っていましたが!お水で溶くのではなくて!ぬるま湯で溶くようにしたらとっても使いやすくなりました。合成洗剤やドライクリーニングが、体質的に一切ダメになって、使えないようになってからは、重曹様のお世話になりっぱなしです。我が家のお風呂の必需品で、何度も購入しました。実際に使ってみると!あのお風呂のピリピリ感が和らいで!水がやわらかくなったように感じます。私自身!乾燥性敏感肌のせいか!重曹に長い時間触れていると肌荒れするのを感じます。おかげで手が荒れることはなくなりました。確証はないけれど油分やトリートメント成分はなさそうだし!塩酸や(スベスベを謳った)市販のボディソープ同様!濃い濃度で直接触れると皮膚の表面を溶かしている気がして...お掃除の際!手袋嵌めて使っている話も聞きますし!長時間の使用や直に触れて使う場合(或いは濃い濃度で使用する場合)は注意も必要じゃないかなぁって...そして調べてみたところ!複数のサイトで「高濃度では皮膚を溶かす」との記述を見つけました。たまに、家内が台所でも使っているようです。私は非喫煙者ですが、喫煙者がほとんどの職場なので、制服に嫌なにおいがついて困っていましたが、重曹を使うとにおいが取れていいですよ!お風呂に入れると掃除がすごく楽です。私はずっとヘナで染めていて、石鹸シャンプーでは激しく色落ちしていましたが、重曹シャンプーに変えてから色落ちも劇的に減りました。洗濯!お風呂掃除!食器洗い!いろいろ使っています。何度も購入しています。とにかく息子が喜んで「じゅうそう、じゅうそう」って、入れてます。本当に食品グレード。何年か前に重曹を使った掃除をしてみましたが、そのときに使った重曹より細かくってさらさらで使いやすいなぁと思いました。きめ細かく!パウダー状態で溶けやすい!上質の重曹です。主に、洗濯と入浴(マザータッチやEMと併用)しています。でも石鹸に少量混ぜるといったやり方でなく、ダイレクトに重曹洗顔する話は疑問を感じます。今回は大きなサイズを初めて購入しましたが、これからもこの大きなサイズをリピートしたいと思っています。。裏を返せば洗浄力の穏やかさ(弱アルカリ性)だし、余計な油をとらない分、スッキリ感もなく、暑くない季節限定になりそうですが、この季節は重曹シャンプー&クエン酸リンスで過ごせそうです。塩素系や酸素系漂白剤使わなくなりましたよ。同時に購入したマザータッチと一緒に洗濯に使ったりガスコンロの掃除や換気扇の掃除など大活躍です。かわいい瓶に詰め替えて玄関やトイレの消臭にも使いたいと思っています。重曹に食品や洗剤としての歴史はあっても、洗顔・ボディ洗いとしての歴史はないので、情報に踊らされず、騙されず、自分の肌と相談しながら活用していくことが大切ですね。これにめちゃめちゃハマりました。